ファイナンシャルプランナー大家

賃貸管理会社との付き合い方

不動産を取得した後の賃貸管理については賃貸管理会社に委託するのがほとんどです。

当然委託すると管理料として費用が発生しますから、自分で賃借人の募集をして、集金もして、滞納があったら取り立てもして、クレームにも対応するなんてことも当然可能ですが、副業として不動産投資を行っているサラリーマン大家さんには自分で対応するのはほぼ不可能でしょう。

まずは大家さんの仕事について確認しましょう。

大家さんの仕事一覧

一言に賃貸管理業務といってもやることはたくさんあります。

入居者募集業務
  • 入居者の募集
  • 入居者の審査
  • 賃貸借契約書作成
  • 物件引渡・現状確認
入居者管理業務
  • 家賃の集金
  • 家賃催促
  • 更新契約
  • 入居者・近隣からのクレーム処理
  • 契約違反に対する処理
  • 解約時の立合いと精算
建物メンテナンス業務
  • 解約建物メンテナンス手配・管理
  • 共用部分清掃(一棟の場合)

このように大家さんにはたくさんの仕事があります。これを副業として行うには時間がかかりますので管理会社に委託する人がほとんどである所以です。

さてそれでは、数ある賃貸管理会社の中からどのような会社に委託すればよいのでしょうか?

良い管理会社とダメな管理会社の見分け方

投資家にとって求めている管理会社は、端的に言うと「サービスの質が良く値段が安いこと」です。それではここでいうサービスとは何か。

賃貸をすぐに決めてくれる

賃貸をすぐに決めてくれるということは空室期間が短くなるということですので賃料が早期に確保できることが最大の魅力です。

ただし、物件に瑕疵がない限り賃料を相場よりも下げればどんな営業担当でもすぐに決めることができますので、ただ早ければいいわけではありません。相場以上の家賃ですぐに決めてくれるのが理想です。

最近はインターネットからの問合わせが多いので、インターネットに強い業者に依頼するのも確率論ですが有効かと思います。

あとは、営業担当の態度もしっかりとチェックしておきましょう。あなたに対する態度と同じように、部屋を探しに来たお客さんや入居者に接しますので。

マメな報告と提案力

現状をマメに報告してくれて、現場の空気感やお客さんの物件に対する印象を教えてもらい対策を提案してくれる営業担当は空室の期間をきっと短くすることでしょう。

遠方の物件で自分が簡単に見に行けないような物件でも、毎月現地写真を送ってくれるととても助かります。

やはり会社もそうですが、結局は人が重要ということですね。

関連記事