ファイナンシャルプランナー大家

不動産投資のスタンス

不動産投資のスタンスは大きく分けると、インカムゲインとキャピタルゲインの2つに集約されます。

  • 不動産を購入し、賃借人に賃貸し賃料を得ること(インカムゲイン)
  • 不動産を購入し、利益を乗せて他人に売却すること(キャピタルゲイン)

インカムゲインとキャピタルゲイン

キャピタルゲインを狙う投資は、この情報化社会の中では安値で放置されている不動産を購入して高値で売却するのはなかなか厳しいものになります。

キャピタルゲインを狙って不動産を売却する時には利益を乗せた分だけ購入者からすると利回りが低くなります。

不動産投資家は大体自分の中での線引きがありますので利回りが低い不動産はなかなか売れません。つまりキャピタルゲインで利益を得るためには、物件そのものの価値を向上させてから売却するなど一工夫が必要です。当然それだけの元手も必要となります。

一般的に不動産投資といえばキャピタルゲインは狙わずにインカムゲインを狙って不動産を取得することになります。

このサイトでも主に賃貸による不動産投資について解説していきます。安定的な家賃収入の得られる物件というのは、価格も安定していますから、売却時に困ることもあまりないでしょう。

大家としての考え方

不動産の貸付は投資というよりも事業として考えるべきです。どのような事業かというと、「賃借人に気持ち良く住んでいただく場所を提供するサービス業」です。

事業というのは自分の利益だけを追求していてはダメです。自分の利益だけを優先しているとどんな会社もお客さまから相手にされなくなり潰れてしまいます。事業というのは顧客にとって、社会にとっての価値を提供しなければ誰からも必要とされなくなってしまうのです。

不動産投資は不労所得と言われておりますが、そのような気持ちで不動産を購入したまま管理会社に任せっきりでは不動産貸付業においての成功は難しいでしょう。

特にこれから日本は人口が減少していきます。住む魅力のない部屋は空き家になっていくでしょう。このことを念頭に置いていただき不動産投資を楽しんでいただければと思います。

関連記事