ファイナンシャルプランナー大家

家賃下落リスクと対策

家賃下落リスクとは

家賃下落リスクとは、家賃が下落して収益が悪化するリスクのことです。家賃は、新築時が最も高く、築年数の経過により徐々に下落していくのが通常です。

家賃下落リスクにどのように対応すべきかを整理しました。

家賃下落リスク対策

これから不動産投資を始める場合の家賃下落リスク対策

これから不動産投資を始める場合は、事前に築年数ごとの周辺相場を調査することで、10年後、20年後に家賃がどの程度下落するかは予想できます。

10年後、20年後の家賃の下落幅が事前に予測できれば、初めから家賃下落を想定した事業計画を立ててから投資するかしないかを判断するようにしましょう。

賃貸需要が安定している地域であれば、ある程度の額で下げ止まりますので事前に家賃の下落幅を確認するだけで、家賃の下落が緩やかな場所を探すことができ、家賃下落リスクを小さくすることができます。

すでに不動産投資をしている場合の家賃下落リスク対策

事前に家賃の下落幅を確認せずにすでに不動産投資をしている場合もまずは築年数ごとの周辺家賃相場を調査して、今後どの程度家賃が下落するのかを把握してください。

周辺の築10年、築20年の物件の家賃を調査した結果、将来的に家賃が大幅に下がることが想定されるようであれば、家賃が下がる前に売却してしまうのも1つの手です。

すでに家賃が下落している場合は賃貸物件をリノベーションすることで、家賃を改善することが可能です。

例えばバイカー用に1階をガレージにするなど思い切って特定のニーズに特化した物件にリノベーションすることで家賃は改善するでしょう。

また、壁紙や照明など入居者が気にするポイントに絞ったリノベーションでも十分に改善が見込めると思います。

ただし、リノベーションするには追加の投資が必要ですから回収できるかは事前によく検討するべきです。

関連記事