不動産投資の基礎知識

建物の構造

建物の構造は、不動産投資においてとても大事な要素になります。

構造の違いによって耐震性が違いますし、減価償却の償却率や耐用年数も違います。

構造の種類

建物の構造には以下の種類があります。

構造 主な用途 階数
木造(W) アパート
一戸建て
2階
軽量鉄骨造(S)
鉄骨造(S)
アパート 2階~3階
鉄筋コンクリート(RC) マンション 2階~8階
鉄骨鉄筋コンクリート(SRC) マンション 8階以上

構造による減価償却費の求め方

  • 年間減価償却費=建物取得価格×0.9×償却率

そして、償却率は構造別に定められた耐用年数によって決まります。

構造 耐用年数 償却率
木造(W) 22年 0.046
軽量鉄骨造(S) 27年 0.037
鉄骨造(S) 34年 0.030
鉄筋コンクリート(RC) 47年 0.022
鉄骨鉄筋コンクリート(SRC) 47年 0.022
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 不動産投資の基礎知識

    都市計画と用途地域

    不動産には都市計画と用途地域というものがあります。自分が賃貸用…

  2. 不動産投資の基礎知識

    賃貸管理会社の選び方、ポイントは安くて、早くて、マメ

    不動産を取得した後の賃貸管理については賃貸管理会社に委託するのがほとん…

  3. 不動産投資の基礎知識

    東京ルールとは

    東京では、平成16年10月1日から「東京における住宅の賃貸借に係る紛争…

  4. 不動産投資の基礎知識

    不動産投資のスタンス、キャピタルゲインよりインカムゲイン

    不動産投資には様々なスタンスがありますが、大きく分けるとインカムゲイン…

  5. 不動産投資の基礎知識

    表面利回りとネット利回り

    不動産投資の利回りは、不動産の購入価格に対して年間の賃料収入がどのくら…

  6. 不動産投資の基礎知識

    サブリース契約のトラブルを避ける注意事項!賃貸管理契約との違いは?

    大家さんが賃貸物件の管理を管理業者に依頼する場合、物件管理を委託する通…

賃貸併用住宅新築のステップ

  1. 不動産関連の税制

    自宅売却時の特別控除
  2. 不動産投資の基礎知識

    賃貸管理会社の選び方、ポイントは安くて、早くて、マメ
  3. 不動産関連の税制

    譲渡損失の損益通算と繰越控除
  4. 賃貸併用住宅

    賃貸併用住宅を建てる施工会社、詳細プランの決め方
  5. 賃貸併用住宅

    賃貸併用住宅の建て方、まずは計画を立てよう!
PAGE TOP