ファイナンシャルプランナー大家

不動産投資を始めようと考えたきっかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サラリーマン生活をしていると給料以外の収入を求め、資産運用に興味を持つ方は多いのではないでしょうか。

私も資産運用に興味を持ち、社会人1年目の頃から国内株式での運用を行っていました。今回はそこから不動産投資を始めるに至ったきっかけを紹介します。

サラリーマンには難しい株式運用

最初は株でも数万円から10万円くらいの儲けを出すこともあったのですが、ライブドアショック、リーマンショックなどでトータルでは200万円近く負けていました。最初に儲かったせいで株なんて簡単だと調子にのって、大きく投資したことで損も大きくなっていました。

やはり日中働いていると株価の推移をずっと見ているのは不可能ですから、気づいた時には暴落しているなどサラリーマンと並行してやっていくのは難しいと考えるようになりました。

職場に不動産投資している人が

そんな時に私が不動産投資に興味を持つ最初のきっかけがありました。当時働いていた職場で実際に不動産投資をしている人が1人いたことです。その人は「世の中にこれだけのビルが建っているのだから1つくらい自分のものでもおかしくない。自分のビルが欲しい。」という考えから不動産投資を始めたと言っていました。

しかし、その人とは歳がだいぶ離れていたこともありましたし、そもそも自分にもできるものとは思っていなかったのでその時は詳しい話を聞くこともありませんでした。

では、そんな私がどうして不動産投資をするようになったのかというと転職先でまさに不動産投資をはじめようとしている人に出会いそのやり方を近くで見られたのが大きかったです。

不動産投資は普通のサラリーマンでもできる

外資系コンサル企業に転職した私は、そこで知り合った同僚と意気投合し、資産運用や節税対策について仕事の合間に情報交換していきました。今思うとコンサルという仕事柄で探究心が強いのか、給料がいいからなのかは分かりませんが、資産運用や節税に関する情報を持っている人が多かったように思います。

それまでは、「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでも、ろくに調べもせず、不動産投資なんて自分には手が出せないものと思っていましたが、その職場では実際に不動産投資をしている人もいるし、これから始めようとしている人もいたため、自分にもできるのだと気づかされました。

不動産投資は自分でもできると気が付いた私は、これから不動産投資を始めようとしている人達と一緒に不動産投資セミナーに参加したりネットで調べたりして知識を身につけていきました。そして実際に不動産投資を始める人の進捗状況を毎日聞いたりして、これなら自分でもできると思ったので、実際に投資する不動産を探し始めました。

それまで不動産投資に興味はあったものの詳細を調べもせずに、自分にはできないものと勝手に思い込んでいたことでだいぶ時間を無駄にしました。不動産投資を始めるのに遅すぎるということはありませんが、早く始めるに越したことはありませんので、20代のうちに投資しておきたかったです。

不動産投資に限らず、興味はあるけど自分にはできないと勝手に思っているものがある方は、今一度可能性がないかをちゃんと調べてみることをおすすめします。私の経験ではすでにそれを経験している人に直接聞くのが一番確実です。