ファイナンシャルプランナー大家

賃貸併用住宅の建築

賃貸併用住宅の建築について纏めます。

賃貸併用住宅の計画、土地探し、融資で土地が決まり資金も確保できている状態ですので、実際に賃貸併用住宅を建てていきます。

施工会社の決定

まずは賃貸併用住宅の建築を依頼する施工会社を明確にします。

見積りの段階でいくつかの施工会社のプランをもらっているはずなので、その中に気に入ったプランがあればそれを使いますし、なければ改善したいポイントを伝えて別のプランの作成を依頼します。

一番気に入ったプランが決まったら、後で揉めたくないですからその施工会社が希望の納期、予算内での建築が本当に可能かもう一度確認しておきましょう。そこで問題ないことが確認できて信用できそうならその施工会社に決めればよいですが、回答が曖昧だったり信用できそうでなければそのプランで別の施工会社に相談するのも手です。

実際に自分も住む住宅の建築を任せるのですから、プランだけでなく信用できるところを選びましょう。

詳細仕様の決定

施工会社が決定すると建築プランも決まりますので、契約後はすぐに詳細仕様のすり合わせに入っていきます。

平日は仕事があると方がほとんどだと思いますので毎週末施工会社と壁紙やドア、床材などの詳細を決めていきます。キッチンやトイレなどは実物を見るためにメーカーのショールームなどにも足を運びます。

おそらくこの時期が一番忙しいのではないかと思いますが、自分も住むわけですから真剣に選んでいるとあっという間に過ぎていきます。中には自分の希望どおりにならない部分も出てきますが、ここでこだわりすぎると納期に間に合わなくなるので気を付けてください。

この時に賃貸部分の詳細仕様も決めることになりますが、ここは少しこだわってください。例えば今の時代ウォシュレットは必須でしょうが、施工会社はコストを優先しますのでこだわらないと付かないこともあります。実際に自分が借りて住むことをイメージして借りてもらえる部屋にしていきましょう。

地盤調査から建築へ

施工会社が決まると契約して詳細の詰めに入りますが、それと並行して現地に古屋があれば解体を行い、地盤調査が実施されます。

調査の結果問題がある場合は地盤補強工事が必要になります。これは調査しないと要否が分からないので通常見積りには含まれておらず、実施する場合は追加費用です。

住所に沢などの水辺を連想するような文字が入っていると地盤が弱い可能性が高いそうです。

地盤補強が終わると地鎮祭を行い(最近は地鎮祭をやらない方も多いそうです。)建築工事が始まります。

工事が始まるとあとはスケジュール管理と何か問題があったときの方針決定くらいでほとんどやることはないです。

特に問題がなければ職人さんに頑張ってもらうだけですので定期的に差し入れを持って現場を見に行ったりする程度です。

関連記事