賃貸併用住宅

賃貸併用住宅のメリットとデメリット

今回は賃貸併用住宅について、賃貸専用アパートやマンションへの投資、通常の自宅と比較した際に、どのようなメリットとデメリットがあるのか整理してみました。

賃貸併用住宅とは

そもそも賃貸併用住宅がどういったものか簡単に説明します。

通常であれば戸建て住宅は自宅として家族だけで住みますが、戸建て住宅の一部を自宅、一部を賃貸住宅としたものを賃貸併用住宅と呼び、自宅であるとともに、家賃収入を生み出す賃貸住宅としても併用できる住宅のことをいいます。

例えば、2階建ての住宅がある場合、1階は賃貸住宅にして家賃収入を得ながら、2階は自宅として生活するというのが賃貸併用住宅です。

つまり、賃貸併用住宅を建てることで、自宅と家賃収入を同時に手に入れることができます。

これだけ聞くといいことしかないように思えてきますが、そんなにいいものなら、なぜ皆やらないのかと思いますよね。もしかして知らないだけなのではと思った方もいるかもしれません。

しかし、賃貸併用住宅という手段があることを知っていても、自宅専用の方がいいと考える方もたくさんいらっしゃいます。この事実はいいことばかりではないということを意味しています。

それでは賃貸併用住宅のメリットとデメリットを見ていきましょう。

スポンサーリンク

賃貸併用住宅のメリット

まずは賃貸併用住宅のメリットですが、以下があげられます。

  • 賃貸アパートやマンションへの投資と異なり、住宅ローンを使って不動産投資ができる
  • 通常の自宅と異なり、家賃収入が発生することでキャッシュフローが大幅に改善する

不動産投資に住宅ローンが使える

賃貸併用住宅における1番のメリットはなんといってもこれでしょう。住宅ローンを使って不動産投資ができることです。

住宅ローンの融資条件は、自宅の一部を店舗などに使う場合を考慮し、住宅部分が50%以上あればよいことになっています。従って、半分を賃貸用に使っても残り半分が自宅であれば住宅ローンを使うことができます。一部では自宅が34%以上であれば住宅ローンを使える金融機関もあります。

住宅ローンは、各種ローンのなかで最も優遇されたローンであり、アパートローンやマンションなどに投資する不動産投資ローンなどと比べても、圧倒的に低金利かつ長期のローンを組むことができます。

従って住宅ローンを利用して、賃貸併用住宅を購入することにより、金利リスクなどを抑えた不動産投資を行うことができます。

※住宅ローンについては住宅ローン.netもご参照下さい。

キャッシュフローが改善する

当然ですが、住宅の一部を賃貸に出すことで家賃収入が得られ、キャッシュフローが改善します。

これにより住宅ローンの返済は自宅のみの住宅を建てるのと比べてかなり楽になると思います。

また、自宅でもあるため家賃の支出がなくなり住宅ローン返済に変わりますが、この返済額よりも家賃収入が多ければタダで自宅を手に入れられることになります。

スポンサーリンク

賃貸併用住宅のデメリット

賃貸併用住宅のデメリットには次のようなものがあります。

  • 賃貸アパートやマンションへの投資と異なり、賃貸にできる面積が限られる
  • 通常の自宅と異なり、1つの住宅に全くの他人が住むことになる

賃貸にできる面積が限られる

賃貸併用住宅のメリットで説明したとおり、住宅ローンを利用できることが最大のメリットですので、住宅ローンを利用するには半分以上を自宅にする必要があります。

自宅を1/3以上にすれば住宅ローンを利用できる金融機関もありますが、少ないので利用できる住宅ローンの種類を確保するためにも半分は自宅にしておきましょう。

また、賃貸部分からしか家賃は発生しませんので、確定申告時の減価償却でも賃貸部分のみが利益と相殺できるようにまります。

従って、賃貸専用のアパート1棟と比べるとどうしても収益力は劣ります。

自宅なのに他人と生活することになる

賃貸併用住宅における1番のデメリットは自宅でありながら賃貸でもあるため、他人と生活することです。

元々賃貸に長く住んでいた人からするとあまり気になるものではないかもしれませんが、そうでない人は結構気になると思います。入居者によっては騒音問題になる可能性もありますし、このご時世ですからどんな人がいるか分かったものではありません。

自宅としての専有部分は自分達だけで利用しますが、ゴミ置き場や庭などの共有部分は一緒に使うことになります。

ゴミの分別ができていないと持っていってくれなかったりするので、何かしらの対応が発生します。私の場合は必要コストと割り切って、月に1回の共有部定期清掃とゴミの完全回収を業者に依頼しています。

スポンサーリンク

さいごに

賃貸併用住宅のメリットとデメリットはいかがでしたでしょうか。

デメリットが気にならない方であれば賃貸併用住宅に取り組んでみてもよいかと思います。

ただし、自分は良くても家族が他人と住むことを嫌がるケースもありますので、家族の理解を得てから進めましょう。

今すぐにでも賃貸併用住宅に挑戦したいという方は、まずは計画を立ててみましょう。迷っている方もとりあえず計画だけでも立ててみてはいかがでしょうか。計画を立てるだけならタダですから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 賃貸併用住宅

    賃貸併用住宅を建てる施工会社、詳細プランの決め方

    いよいよここまで来ました。ここまでで賃貸併用住宅を建てる土地と資金は手…

  2. 賃貸併用住宅

    賃貸併用住宅の住宅ローンは賃貸部分と自宅部分の割合が大事

    賃貸併用住宅を新築する土地が決まったら次は資金調達です。ここま…

  3. 賃貸併用住宅

    賃貸併用住宅の建て方、まずは計画を立てよう!

    賃貸併用住宅を新築で手に入れたい方は、まず計画を立てましょう。…

  4. 賃貸併用住宅

    賃貸併用住宅を建てるには土地探しから

    賃貸併用住宅の計画を立てた後、最初に行うのが土地探しです。賃貸…

  5. 賃貸併用住宅

    賃貸併用住宅の管理会社選定と賃貸管理契約の締結

    賃貸併用住宅の建築スケジュールが固まり、引き渡しの日程が決まったら、そ…

賃貸併用住宅新築のステップ

  1. 不動産関連の税制

    住宅ローン減税
  2. 賃貸併用住宅

    賃貸併用住宅の建て方、まずは計画を立てよう!
  3. 不動産投資の基礎知識

    サブリース契約のトラブルを避ける注意事項!賃貸管理契約との違いは?
  4. 不動産投資の基礎知識

    東京ルールとは
  5. 実体験

    普通のサラリーマンが不動産投資を始められたきっかけ
PAGE TOP