ファイナンシャルプランナー大家

土地の権利には大きく分けて所有権と借地権があります。

それぞれどういう権利なのかみていきましょう。

所有権と借地権

所有権とは

所有権とは、その名のとおり自分のものとして所有する権利なので、その土地に建物を建てることもできますし、売ることもできます。

ただし土地の所有者にはその土地に対する固定資産税・都市計画税を支払う義務が生じます。

マンションなどの場合は複数の所有者で所有権を分割して共有するという形になります。

借地権とは

借地権は、その土地の所有権を持つ地主さんから土地を使用する権利を借りることです。借地権にはいくつか種類があるので、以下の表で解説します。

所有権 借地権
地上権 賃借権
売却・賃貸 自由にできる 所有者の承諾がなくても可能 所有者の承諾必要
建替え 自由にできる 所有者の承諾がなくても可能 所有者の承諾必要
登記 自由にできる 所有者の承諾がなくても可能 所有者の承諾必要
住宅ローン 抵当権設定可能 抵当権設定可能 抵当権設定で制限あり

借地権には2種類あり、地上権と賃借権があります。ご覧の通り賃借権の場合は制限が多く、土地所有者の承諾がないとほとんど何もできません。投資としては不向きなので、できれば避けたいところですが、当然に流通性が低いので相場よりも安く手に入る可能性があります。ただし、融資は受けられないので現金を用意する必要があります。

借地権は所有権と違って固定資産税等の負担は発生しません。地主さんが支払いの義務を負っています。そのかわり地代として毎月決められた額を地主さんに支払うことになります。

通常は所有権の物件に投資することになると思います。

関連記事